<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2014年シーズン振り返り…

私のモタスポ観戦もSUPER FORMULA最終戦で幕を閉じました。というわけで今シーズンを振り返ってみます。

・観戦レース
1.鈴鹿2&4
2.SUPER GT富士
3.全日本ロードレースもてぎ
4.鈴鹿8時間耐久ロードレース
5.SUPER GT鈴鹿 1000km(予選のみ)
6.アジアロードレース選手権鈴鹿
7.MotoGPもてぎ
8.WTCC鈴鹿
9.全日本ロードレース鈴鹿
10.SUPER FORMULA鈴鹿

なんか多いな(笑)。

今年はF1を見に行かないことに決め、その分の予算をMotoGPとWTCCに振り分けたのですが、その結果として観戦レース数が多くなりましたね。

結果論として、年2回ももてぎへ行くのは予算の面から厳しいですね。またWTCC以降3週連続で現地観戦でしたが、徐々にモチベーションが下がる事を実感しました。特に最後2つは天気悪かったですし…。


・観戦費用
少々抜け落ちはありますが、今年の観戦費用です。
e0345159_12054062.png


毎月20,000円を「モータースポーツ貯金」として積み立て。そこからチケット代から飲食費、果てはプログラム(パンフレット)代まで(笑)賄っています。

鈴鹿2&4における観戦券代13,000円はモートピア年間パスポート代です。全日本ロードレースやSUPER FORMULAが観戦可能、駐車料金が一部レース開催日を除き無料などの特典がありますがあまり恩恵を受けなかった印象です。

むしろ例年通り株主優待と鈴鹿レースファンクラブ(SRFC)を利用した方がよかったですね。来年はそうします。


・移動手段
昨年までは往路は一般道、復路は高速道路利用が鈴鹿への移動手段でしたが、今年はJRと伊勢鉄道を利用して自宅から通う方法も取り入れました。

メリット
・ホテルをとる必要がない
・移動の疲れが軽減される

デメリット
・どんなに早くてもサーキット到着は8:30以降
・8耐の前夜祭や完走表彰式を見られない(見てからでも終電には間に合うが乗継がタイト)
・雨天時には駅∼サーキットの移動が億劫
・荷物が重い







…デメリットの方が多いw

まあでも費用対効果は鉄道移動の方が高いかな。特に8耐のような駐車場無料の各種サービスの対象外かつ車中泊はご遠慮申し上げたい場合には。

ちなみに鉄道移動と車移動&車中泊の比較は…
・鉄道移動
運賃(2日間):5,140円(青空フリーパス利用)
駅駐車場(2日間):800円
[合計:5,940円]

・車移動&車中泊
高速道路料金(帰路):2,170円
ガソリン代(往復258km 17km/l 160円/lとして):2,430円
クアガーデン(各種割引利用):880円
[合計:5,480円]

若干鉄道利用の方が高いですが、それでも「寝てれば着く」メリットは大きいなと実感しました。帰宅してからの後片付けも、車中泊の場合に使用する寝袋や簡易ベッドが無い分鉄道利用の方が楽ですし。


来シーズンはHondaがF1へ復帰という事で2年ぶりにF1観戦へ。そうなると日程的に近いMotoGPは行かない感じ。WTCCも無しかな。
SUPER GT富士は会社の就業カレンダー次第、SUPER FORMULAは5月予定の岡山ラウンドに興味ありですがそうなると4月の鈴鹿2&4は回避かな…といったところ。

むしろ観戦数をグッと減らして、その分新しいカメラを(ゲフンゲフン

皆様、来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by META_Lin | 2014-11-11 20:48 | モータースポーツ