2013 鈴鹿2&4

直前になって仕事が暇になってしまったので、金曜日から観戦してきました。

金曜日は風が強く、時折雨粒が飛ばされてきたりもしましたがおおむねいい天気でした。今年初めて快適なサーキットでしたね。

e0345159_12051038.jpg

SUPER FORMULA搬入作業

e0345159_12051037.jpg

ヘアピン立ち上がりでウィリーする渡辺一樹選手

金曜日はコースサイドで写真撮影しつつ、パドックエリアで搬入作業を見学。SUPER FORMULAにスポット参戦するS選手に遭遇、サインを頂くことができました。


e0345159_12051076.jpg

伊沢拓也選手@土曜日フリー走行

e0345159_12051018.jpg

秋吉耕佑選手@予選

土曜日はSUPER FORMULAのフリー走行をヘアピンで、JSB1000の予選は2コーナー激感エリアで写真撮影。午後のSUPER FORMULA予選は、F1日本GPの下見もかねてS字D-5スタンドで観戦しました。

写真撮影をメインに考えるとD-5はどうかなと思っていたのですが、撮影よりもマシンの挙動に見入ってしまいました。F1はどんな動きをするのか、楽しみにしています。

e0345159_12051066.jpg

中須賀克行選手@日曜日フリー走行

鈴鹿2&4における2輪の扱いが、下手をするとサポートレースのF3より低くて悲しいです。土曜日はいきなり予選、決勝も単独開催よりも少ない周回数ですからね。SUPER FORMULAはシリーズ最長の300kmだというのに。

一方で、2輪エントラントのあからさまな「8耐実践テスト」的な取り組みもどうなのかなと。そうせざるを得ない事情、前哨戦的位置づけだった300kmロードレースがなくなり、8耐前の鈴鹿開催が2&4のみになってしまったことが影響しているのでしょうけれども。

シリーズ戦の1レースを別の大会の練習走行のように扱うのは結果として全日本ロードレースの価値を貶めている気がしてなりません。

SUGOラウンドを(いまいちよくわからない)セミ耐久戦として開催するなら、いっそJSB1000クラスを「全日本耐久選手権」として単独開催、成績上位に鈴鹿8耐のシード権を与えるなどしてもいいのではないと思います。

e0345159_12051161.jpg


Enjoy Hondaも同時開催されて賑やかだった鈴鹿2&4、最後まで目が離せなかったSUPER FORMULA決勝を見つつそんなことを考えた週末でした。
[PR]
by META_Lin | 2013-04-16 21:02 | モータースポーツ
<< 鈴鹿サンデーロードレース 2013全日本ロードレース開幕戦 >>